LV. 18
GP 638

【情報】2016/12/26 竹帚日記更新 翻譯(人理修復)

樓主 あおそら(青空) kevin8667737
2016/12/26 : 人理修復。(きのこ)
2016/12/26:人理修復。(蘑菇)

玉座を残して神殿は崩壊した。もはや獣の兆しはない。
留下王座的神殿已然崩壞。獸的徵兆消失無蹤。

一日明けて、2016年最後の一週間になりました。
『Fate/Grand Order』第一部、多くのプレイヤーの戦いによってめでたく完結となりました。
様々な困難に負けず、見捨てず、信じてここまでお付き合いいただき、まことにありがとうございます。
過了一天,2016年的終於迎來了最後一週。
「Fate/Grand Order」的第一部在許許多多的玩家的奮戰下圓滿的完結了。
不論面對任何的困難都不認輸也不放棄,能夠相信我們並與我們相伴到現在,真的非常感謝。

この一年、終章に焦点を合わせて生きてきました。
はじめてのスマホアプリ。この道具でどんな遊びが経験できるのか。味わってもらえるのか。
僕らは『ソーシャル的な価値』を『自分の生活の一部となる事』と捉えました。
いつでもどこでも『FGO』ができる。いつでも旅をしている。
いつでもサーヴァントを鍛えられて、話を進められて、自分の生活の一部になる。
そんな一年間を過ごしてもらった上で、最後の戦い、大晦日を迎える頃にあの結末に辿り着く事ができれば
ソーシャルゲームに踏み込んだ意義はあるだろうと。
這一年來我將自己的焦點放在終章之上過活。
第一次接觸的智慧型手機應用。能夠用這個道具經驗哪種玩樂呢;能夠體會到什麼呢?
我們一直都是把「社會上的價值」當作「自己生活的一部份」。
何時何地都能玩「FGO」,不論何時都在旅途之中。
不論何時都鍛鍊著Servant們,看著故事的發展,並將之作為自己生活的一部份。
過了這麼樣的一年,最後的一戰,在迎接除夕(譯註:12/31是日本的除夕)的時候能夠抵達那個鐘點的話,或許踏入社交遊戲這個領域就有了意義。

結果はプレイヤーそれぞれのものですが、
一年間(実際は一年半だけどな!)付き合うに相応しい体験であったのなら幸いです。
雖然各玩家的結果都各不相同,如果能夠給大家與這一年間(不過實際上是一年半呢)相符合的體驗的話就太好了。

それでは。
2017年からの『続き』もよろしくお願いします。
那麼。
從2017年開始的「後續」就請大家多多指教了。


   ◆


さて。真面目な挨拶も済んだので、ここから恒例のネタバレトークとなりますよ。
マスター枠が黄色に変わっていないマスターにはまだ早いのでご注意の程を。
好。認真的招呼也做完了,接下來是慣例的劇透單元了。
因為對那些Master邊框還沒變成黃色的Master們還太早了就請多多注意。



『色々と新素材山盛りだった七章に驚いた?
 残念、終章はそれを上回るご馳走攻めだーーー!』と言わんばかりの最終決戦でした。
マップも豪華、戦闘曲も豪華、シナリオも企画当初の予定……ゲーティアとロマンとマシュとフォウの話をするだけだから40kbで終わる。絶対……を大きく上回る200kb、と、もう作っているスタッフの脳内が時間神殿になっていましたが、
無事完成させる事ができました。
六章あたりからADVパートのお手伝いをしていたTMも終章は総動員で協力。
制圧戦戦後からの展開はサウンドノベルで培ってきた演出力をさりげなく発揮しています。
「對塞了滿滿新素材的第七章感到驚訝了嗎?可惜,終章可是比那個還要盛大的饗宴呢──!」要說的話最終決戰大概就是這種感覺吧。
豪華的地圖、豪華的戰鬥取、劇情也是比企劃當初的預定──因為只是講個關於哥耶提亞、馬修、羅曼和鳳的故事所以一定可以在40kb內完結──還要大大超越的200kb。如此這般,雖然製作人員們的腦袋大概都變成了時間神殿,也算是平安的完成了。
從第六章左右開始在ADV部分幫忙的TM也在終章總動員前來幫忙。
在壓制戰後的展開發揮了因為Sound Novel(譯註:音效小說,ADV的一個分類)而培養出來的演出力。

7章シナリオは10月の第一週、終章シナリオはついで10月終わりに納品されたものの、ご存じの通り、11月は七章とクリスマスの実装に全力疾走だった為、終章の組み立ては実質、一ヶ月となります。
この時のために羅生門、鬼ヶ島、と実験を重ねてきたので制圧戦の準備も万全でしたが、それでも修羅の如き行軍でした。
ゲームはスタッフ全員で作るもの。
そして良いゲームは一人の人間ではなく、多くのスタッフの熱意あって生まれるもの。
最後の最後まで戦って、終章をより良いものにしようとしてくれた皆さん。
素晴らしい仕事をしてくれたディライトワークスさんに感謝いたします。
スタッフみんなが頑張ってくれたんだ!
七章的劇情是在10月的第一周,終章則是在10月末的時候上交的,但是就如同大家所知道的,11月時這邊正為了第七章和聖誕的實裝而全力疾走著,所以終章的組織其實花了一個月。
為了這個時候累積了像是羅生門、鬼之島的實驗經驗所以壓制戰的準備算是萬全,但實際上也是如同修羅一般的行軍。
遊戲是工作人員全體製作出來的。
好的遊戲絕對不會是一個人,而是從許多的員工們的熱情中誕生的。
直到最後的最後都努力不懈,就為了將終章變得更好的大家。
向給出了漂亮的工作結果的DELiGHTWORKS獻上感謝。
製作團隊的大家都做的太棒了!

ここまでタイトなスケジュールになったのも、七章の直後に終章を始めたかったからです。
七章と終章は連続したものにしたい。途中にお祭りイベントは挟みたくない。
なので商業的にナンセンスなのは分かっているが、クリスマスは11月で済ませてしまいたい。
……そんな無理なお願いをアニプレックスさんもディライトワークスさんも、苦しみながらもその場で即断してくれました。
クリスマスよりストーリーを優先してくれたのです。
この一年、ともに戦ってきたスタッフさんだからこそ、この英断があったのだと思います。
行程變得如此緊湊是為了在七章之後能夠馬上銜接終章。
想讓七章與終章是連續一套的,不想在途中夾著任何的活動。
這在商業上是一件很不能讓人接受的事,但是我依然想在11月中就把聖誕節做個收尾。
──面對如此困難的要求,雖然感到苦惱,ANIPLEX和DELiGHTWORKS也在當下就做出了決斷。
讓故事能夠優先於聖誕節。
我想正是因為是在這一年以來共同戰鬥的團隊才能夠有這樣的英斷。

とりあえず、クリア後はみなさんごゆっくり。年内はゆっくり種火とか幕間とかで過ごしてください。
暇な時はマイルーム→マテリアル→霊基一覧で、ボスのマテリアルとか読んでおくと今後、何かの足しになるかもだぞ?
總之,通關後的大家就請慢慢來吧。在今年的尾巴悠閒的收集種火或是看看幕間吧。
閒暇的時候到My Room中的資料看看靈基一覽,讀讀BOSS們的介紹,或許在之後會有什麼用處也說不定喔?


   ◆


ところでシナリオの容量が増えたのは奈須のせいだけじゃないですよ、っと……。
それぞれの座の英霊集結シーンですが、2章、4章は桜井さんに、3章、5章は東出さんにお願いしたものなのです。
話說回來,劇情的量變多並不是奈須的錯喔。
在各個座上的英靈集結場面,二章與四章是拜託櫻井,三章和五章則是東出。

奈須「どんなシーンになるのか、サンプルとしてフランスチームを書きましたので、こんな感じで思いの丈をぶちまけてください。ただし製作が厳しいので戦闘前・後合わせて、各章につき10kbで。増えても15kbぐらいで。二章分、合わせて25kbぐらいが理想です」
桜井「了解! トランザム!」
東出「了解しもす! チェスト関ヶ原!」
奈須「……(一抹の不安を感じるも別件の仕事で忙しかったのであえて流す沈黙)」
桜井「二章分、提出します! 20kb! 四章分ももちろんトランザム! 20KB!」
東出「三章分、提出しもす! 20kb! おいどん五章も20kb! 死ねえきのこ!」
奈須「合計で20kbって言ったんだよ、なんで一章につきマックスまで書いてんだよ!? 空気読めよ、合計80kbの追加とかDWさんだって体力の限界があるっつーの!」
桜井・東出「終章は40kbで終わる、とか言っておいて120kb提出したアナタに言われたくはないですぅー!」
奈須「ぐぬぬ……それはそれとしてたいへん良い出来なのでDWさんには何とかこのままで実装していただこうと思います。よくやったな二人とも。さあ、この10ドルでクレオパトラを引きなさい。余った石はコーラにでも代えなさい。言うまでもないが、私は既にクレオパトラ宝具5だよ、ほっほっほ」
東出・桜井「わあ、きのこさんって思った通りのガチャ廃人なんだね! ノッブ(ステイ、の意)!」
奈須「場景的結果我先寫了法國組當作例子,請像是這種感覺將自己想寫的寫出來吧。但是因為製作很艱辛,戰鬥前與後加起來各章要大概10kb內,最多也在15kb內。兩張合起來大約25kb是最好的。」
櫻井「了解!TRANS-AM!」
東出「了解!チェスト關之原!」(譯註:チェスト,發音為Chesuto,日文中一種呼喊聲,搜尋示現流就大概可以了解)
奈須「……(雖然感到一絲不安,不過因為還有別的工作就先不多說什麼)」
櫻井「二章份,提出!20kb!四章份當然,TRANS-AM!20kb!」
東出「三章份,提出!20kb!接著五章也是20kb!去死啦蘑菇!」
奈須「我說的是合計20kb啊,為什麼每一章都寫到滿啊!?給我察言觀色啊,合計80kb的追加什麼的,DW也是有體力的極限的好嗎!」
櫻井‧東出「我才不想被說什麼『終章40kb就好』然後拿出120kb的你說呢!」
奈須「咕嗚嗚……說起來也是寫得很好所以我想就請DW試試看能不能就這樣實裝。做得好啊兩位。來,用這10美金去抽克里奧佩托拉吧。多出來的就拿去買可樂之類的吧。不用說,我的已經是寶具5了,呵呵呵。」
東出‧櫻井「哇,蘑菇果然是如想像一般的轉蛋廢人呢!Nobu(Stay的意思)l」

これが終章があそこまでボリューミーになった理由の一つである。
這就是終章變成那種內容的理由之一。

もちろんゲーム面でも『特別の中の特別と言える戦いなので、とにかく最高のものを』と
魔神柱たちも財布の紐を緩めてくれました。
現実の資産同様、FGO内でも『年間のアイテム貯蔵量』が定められています。アイテム予算、というヤツですね。
その厳格なバランスも時間神殿でのみ緩め、とにかくドロップが美味しい制圧戦にしてくれました。
おかげでバンバンQPとアイテムが貯まって、みるみるスキルがあがっていく!
でもマーリンの英雄作成はLV7止まり。
なぜって……バルバドスさんが……オレが眠っているうちにバルバドスさんが……
おのれ人類、なんとしても滅ぼす……!
などと、人類の消費文明・競争社会の恐ろしさをマジマジと見せつけられる最高の制圧戦でした。
そうそう、人類悪ってこういう事よ。
當然在遊戲面上也是,「因為這戰是特別之中的特別,就準備最好的東西吧」,各魔神柱也是自掏腰包。
與現實的資產一樣FGO內也有規定的「年間道具儲藏量」,道具預算這樣的東西。
在時間神殿內把如此嚴格的平衡緩和,做成了掉落物超棒的壓制戰。
於是乎QP和道具就不斷變多,技能等級也不斷上升!
但是梅林的英雄做成還停留在等級7。
你說為什麼?巴巴托斯他……巴巴托斯在我睡覺的時候……
可惡的人類,不論如何都要毀滅你們!
之類的。真是讓我看見了人類的消費文明和競爭社會的恐怖的最棒的壓制戰了。
對對,人類惡就是這樣的東西喔。

そんな人類の欲望をがっり迎撃するゲーティア戦。
人理装填→アルス・アルマデル・サロモニス の開幕前衛皆殺しとかなんだそれ、とお思いでしょうが、
これまでの戦闘経験を生かせばなんとか打倒できる筈。
言うまでもなく最後の総力戦。令呪を残すなんてとんでもない!
迎擊這樣的人類欲望的哥耶提亞戰。
或許大家會覺得被人禮裝填→Ars Almadel Salomonis這樣的開幕殺光前衛蠻討厭的,但是只是要活用過去得到的戰鬥經驗的話一定可以想辦法打倒的。
不用多說,這是最後的總力戰了,留下令咒什麼的當然不再選擇內囉!

そんなゲーティアですが、最後まで杉田さんの熱演が光っていました。
魔神柱たちのそれぞれの特色で人格の外部を語った後の、ゲーティアのあの厳めしく、攻撃的なボイス。
怒りに満ちた声ではあるが、それは憎しみではなく憤り、“何故”という苛立たしさからくるもの。
そういったゲーティアの特徴を見事に踏まえた、ラスボスに相応しいボイスでした。
這樣的哥耶提亞直到最後都因為杉田先生的賣力演出而發光發熱。
在演繹各個魔神柱不同的特色與人格的外表之後,哥耶提亞那嚴厲,具攻擊性的嗓音。
雖然是滿溢著憤怒的聲音,那不是憎恨而是憤慨,是從「何故」這樣的焦躁感而來的。
漂亮的符合哥耶提亞如此的特徵,是與最終BOSS相應的配音。

Amazonで買い物する時、勢いでポチりそうな時に「何故求めるッ!」と脳内杉田ボイス。
そして届いた本を棚に積ん読すると「何故持て余すッ!」と脳内杉田ボイス。
まさに焼却式アンッドロマリウス。これだけで無駄な買い物を減らせると思います!
在Amazon買東西的時,快要因為興頭而按下按鈕的時候,腦內的杉田響起「為何索求!」
然後把送來的書堆積在書架上時,腦內的杉田響起「為何如此多餘!」
就像是燒卻式安多利馬利烏士一般。我想這樣就能夠減少很多不必要的購物了呢!

ちなみにレフこと魔神フラウロスについてちょっとだけ。
最後はそれぞれ感情を獲得する魔神柱ですが、フラウロスだけは早い段階で感情的でした。
他の魔神柱は機械的でしたが、レフは感情的に主人公を煽ってきました。
人間を煽るって事は、人間に感情移入しているという事。
なので最後まで「認めなかった&諦めなかった」のがフラウロスなら、
ただ一柱、マシュに感情移入していたのも―――
順帶說些關於雷夫,也就是魔神佛勞洛斯的事吧。
魔神柱都是直到最後各自取得了感情,只有佛勞洛斯在很早的階段就已經是感情豐富的存在了。
其他魔神柱都如機械一般,雷夫則是不斷挑釁主角。
挑釁人類便是對人類帶有感情。
因此如果說直到最後「不認同也不放棄」的是佛勞洛斯的話,唯一一柱,對瑪修投注感情的也──

ラスボス関連の裏話と言えばデザインをしてくれた山中虎鉄さん。
実は劇場版UBWのメインビジュアル(凛とアーチャー)を描いてくれた縁を頼りに、
魔神柱のデザインをお願いしたのがきっかけです。
魔神柱のデザインはまさに一発で欲しかったものが出てきて、
「この人すごい……七章のティアマトもお願いできるかな……」と打診したところ、
またもや一発でティアマトが上がってきました。
說到與最終BOSS關連的幕後花絮就不得不提設計的山中虎鐵小姐。
實際上的契機是在靠著之前畫過劇場版UBW的主視覺(凜與Archer)這樣的緣分請她設計魔神柱的時候。
一次就得到了想要的設計,「很厲害呢這個人……七章的提亞瑪特也試試看吧……」,嘗試之後,提亞瑪特也是一次就決定了。

ティアマトは虚数空間の繋がりもあり、桜系のキャラの究極としてデザインしてもらいました。
原初の母。無垢。少女。巨大。自縄自縛。黒桜の黒い泥の凄い版、ケイオスタイド。
それだけのキーワードで、あの頭脳体と真体が届けられたのです。
(他にもラフカットとか頭脳体(幼女)とか沢山ほどあるので、七章のマテリアルを待て)
また、最後の11体ベル・ラフムが魔神柱より強いのは、あれがティアマトにとっての『魔神柱の拠点』の扱いなので。
ゲーティア直属の使い魔72体に対し、ティアマト直属の使いの魔はあの11体のラフム、という事。
量より質だった訳ですね。でも即死耐性がついていなかったのデース!
畢竟提亞瑪特與虛數空間有關,所以是作為究極的櫻系角色來設計的。
最初之母。無垢。少女。巨大。自繩自縛。黑櫻的黑泥強化版,混沌渦潮。
只靠這樣的關鍵字送來的便是那個頭腦體與本體。
(其他還有像是粗稿和頭腦體(幼女)之類很多的東西,請等待七章的資料集)
另外,最後11隻貝爾‧拉赫姆之所以比魔神柱還要強的原因是,那是對提亞瑪特來說的「魔神柱的據點」這樣的概念。
相對於哥耶提亞直屬的72體使魔,提亞瑪特直屬的使魔則是那11隻拉赫姆。
比起量更重質。但是沒有即死耐性呢!

さらにさらに、もうここまできたら魔神王ゲーティアのデザインもお願いしよう、となり、
デカキャラであるティアマトとは違うビースト、
人のフォルムのまま魔神柱たちの決戦使用となったゲーティアが生まれました。
流石は魔神柱の生みの親である山中さん。
怖ろしいが格好いい。禍々しいが神々しい、まさに『魔神の中の魔神』を僕らに届けてくれました。
七章、終章がRPGとして良いものになったのはあのデザインあってこそ。
サンクス、山中さん! あとはホームズの実装を待つだけですとも!
還有還有,「都到這裡了乾脆連魔神王哥耶提亞也請她設計吧」,於是與巨大角色提亞瑪特不同的BEAST,在人型的狀態下做為魔神柱們決戰使用的哥耶提亞就誕生了。
不愧是設計出魔神柱的山中小姐。
恐怖但帥氣;不詳卻又莊嚴,將所謂「魔神中的魔神」帶給了我們。
七章、終章能夠做為一個好的RPG便是拜這些設計所賜。
Thanks,山中小姐!剩下就等福爾摩斯的實裝了!


   ◆


唐突だがOPソングである『色彩』の話をしよう。
こちら、曲作りの際に坂本さんと打ち合わせをして物語のラストがどうなるかを説明し、
ゲームのテーマに合わせた曲を作っていただきました。
坂本「おおー。地球を作り直すって、そんな事できるんですか」
奈須「(驚くのはそこなんだ!)」
という当時の坂本さんの反応がたいへん可愛らしかったのを覚えています。
そうして『FGO』がサービス開始する前に『色彩』が届けられました。
雖然有些突兀,但是來說下OP曲「色彩」吧。
這邊在作曲的時候是有和坂本小姐事先溝通,說明這個故事的結尾,然後製作符合遊戲主題的曲子。
坂本「喔喔。將地球重塑這種事是可以辦到的嗎?」
奈須「(驚訝的是那個點啊!)」
我還記得當時坂本小姐的反應實在是很可愛。
之後在「FGO」營運開始前收到了「色彩」。

奈須「―――勝った。この曲をもってFGOは完成した。後はラスボス戦に流すだけだ」
奈須「──贏了。這首曲子讓FGO完成了。之後只要在最終BOSS戰撥放就行了。」

という気持ちの悪いオタクみたいな反応をしたのを覚えています。
それからの一年、『色彩』を聴きながら終章のイメージを広げ、ゲーティアの怒りと主張、
極天に振る流星雨と、シールドを振るうマシュの姿を夢想したものです。
そしてもう今だから白状しちゃうと、『FGO』のプロットは坂本さんの『スクラップ』を聴きながら
書いたものなんだ。ロマンが10年で得た答えと、スクラップの雰囲気がメチャクチャ近くて、
「FGO』のOPを決めろ? なら坂本真綾のスクラップがいい」と武内に返したところ、
それなら坂本さんに新曲をやってもらおう、という話になったんだなこれが。
それを打ち合わせの時に告げて、
「スクラップのような、早いビートでありつつ、根底には寂しさと力強さと打開していく言葉の強さがほしい」
とオーダーし、坂本真綾は見事にそれに応えてくれました。
我還記得我做這種了像噁心的阿宅一樣的反應。
從那開始的一年,我聽著「色彩」擴大終章的形象,哥耶提亞的憤怒與主張,劃過極天的流星雨和揮舞著大盾的瑪修。
然後正是因為現在我才能招認,「FGO」的大綱是聽著坂本小姐的「スクラップ」寫出來的。
羅曼花了十年得到的答案和スクラップ的氛圍非常相似,「要決定FGO的OP?我想用坂本真綾的スクラップ」如此回覆武內之後,「那不如請坂本小姐做首新的吧」,大概像是這樣。
在事前會議的時候跟她說了這些後,坂本真綾完美的回應了我的要求:「和スクラップ一樣,有著快節奏,在底部有著寂寞、魄力和能夠突破萬難的強力話語」。

『色彩』は勇気をもってゴールまで駆け抜ける詩。
『スクラップ』は間違いだらけで意味なんかなかったかも知れないけど、愛と希望の物語。
そんな訳で終章を終えたのならこの二曲をフルできっちり聞いて欲しい。
冬の晴れた空を見上げながら、これまでの一年を振り返るように。
「色彩」是帶著勇氣奔向終點的詩。
「スクラップ」則是充滿錯誤,互許沒有任何意義但是充滿愛與希望的故事。
所以希望大家在結束終章之後能夠好好的完整聽完這兩首曲子。
像是抬頭望向冬天的晴空,回顧過去這一年一般。

   ◆
























  ◆

 カルデア館内は大いに沸き立っていた。
 戦いに勝利し、生還した事だけではない。
 外部と連絡が取れた事が“世界の広がり”を職員に知らしめ、
 これからやってくる来訪者たちを出迎える心構えを与えたからだ。
 雪山に設置していったものは信号装置で、
 あれを頼りに下界から輸送ヘリが飛んで来るという。
   加勒底亞館內正騷動著。
   不只是因為戰鬥的勝利和生還。
   透過與外部的聯絡成功,職員們得知了「世界的擴展」,也讓他們有了準備之後即將前來的來訪者們的心理準備。
    設置在雪山的是信號裝置,來自山下的直升機將會仰賴它而來。

「では先輩、一時間後にラウンジで!」
「那麼前輩,一個小時後我們休息室見囉!」

 マシュと別れ、ひとりカルデアの通路を行く。
 管制室から届く雑音が人の営みを感じさせ、心を和ます。
 この一年慣れきった手順で通路を横断し、自分の部屋に辿り着く。
 軽い空気音。
 聞き慣れたマイルームのドアが開く音。
 ついで、
   與瑪修暫別,一個人走在加勒底亞的通路上。
   來自管制室的雜音讓人感受到人氣,緩和了心情。
   順著一年以來熟悉了的順序穿過通路,走到了自己的房間。
   輕微的空氣聲。
   已經聽習慣了的My Room的開門聲。
   然後,

“はーい、入ってまー―――って、うぇええええええ!?
 誰だ君は!? ここは空き部屋だぞ、ボクのさぼり場だぞ!?
 誰の断りがあって入ってくるんだい!?”
「是,有人──欸,欸欸欸欸欸欸!?你是誰啊!?這是空房喔,我的偷懶處喔!?誰准你進來的啊!?」

 いつか見た、まだ名前も知らなかった頃の思い出を聞く。
「――――――」
 無論、幻聴であり、錯覚だ。
 遠くから聞こえるスタッフの笑い声が、そういう風に聞こえただけの話。
 俺/わたし は 顔を上げて/うつむいて、唇を噛んで、 こみ上げるものを必死に堪えた。
 それがあの人物に向ける、当然の感謝だと信じるからだ。
   聽見了曾幾何時見到的,就連名字也不知道那時候的回憶。
「─────」
   當然,那是幻聽,錯覺。
   只是把從遠處傳來的工作人員的笑聲聽成那樣子而已。
   /抬起頭/低下頭,咬著嘴唇,拼命忍著衝上喉頭的東西。(譯註:男女第一人稱的差別我以顏色區分)
   因為相信那是對那個人,理所當然的感謝

 さよなら、ドクター・ロマンティック。
 この空耳が、いつか美しいものに変わりますように。
    再見了,Dr.羅曼蒂克
    願這樣的誤聽,總有一天能夠成為美麗的事物。


=====================================================================
與終章相符,這次的日記真的很長,我花了兩個小時在翻譯。不過這不是重點。

最後一段我真的翻到哭。

謝謝你,羅曼醫生。
板務人員:

4402 筆精華,今天 更新
一個月內新增 329
歡迎加入共同維護。


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】