LV. 22
GP 7k

【翻譯】賽米拉米斯語音&人物資料(+絆禮裝@2樓)

樓主 あおそら(青空) kevin8667737
GP92 BP-
資料來源:日本攻略wiki


CV真堂圭

開始
「まったく、直で戦うなど面倒にも程がある。そら、終わらせるぞ」
「いいだろう。お前たちに毒酒を呷る機会を与えよう。光栄に思え」
開始
「真是,親自上戰場之類的麻煩也該有點限度吧。來吧,畫下句點吧」
「那好。就賜予你們飲下毒酒的機會吧。感到光榮吧」

スキル
「そら、飲むがいい」
「授けてやろう」
技能
「喏,喝吧」
「就賜給你吧」

コマンドカード
「ふむ」
「ああ」
「分かった」
技能卡
「嗯」
「啊啊」
「知道了」

宝具カード
寶具卡
「庭園よ……浮上せよ」
「庭園啊……浮上吧」
「十一の黒棺・起動……!」
「十一的黑棺.起動……!」

アタック
「飛べ」
「落ちよ」
「散逸せよ」
「砕けるがいい」
攻擊
「飛吧」
「墜落吧」
「散逸吧」
「就這樣粉碎吧」

エクストラアタック
「さてどの毒が好みだ? 痛いか、そうだろう!」
EX攻擊
「那麼你喜歡怎麼樣的毒呢?痛吧,是不是!」

宝具
寶具
「人が触れられぬ天の城塞を見せてやろう。虚栄の庭園——『虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)』!! 蟻の如く灰になるがいい。フフ……フハハハハッ!」
「見識這凡人無法觸及的天之城塞吧。虛榮的庭園——『虛榮的空中庭園(Hanging Gardens of Babylon)』!!如螻蟻一般化作灰燼吧。呵呵……哼哈哈哈哈!
「ティアムトゥム・ウームー、起動……!光栄に思え、そう見られるものではない。神代の力で薙ぎ払ってやろう……フフ……アッハハハハハ!」
  Tiāmtum Ūmū
「十與一的黑棺,起動……!感到光榮吧,這可不是能夠輕易見到的。被神代的力量掃蕩吧……呵呵……哼哈哈哈哈!」

(譯註:Tiāmtum Ūmū,阿卡德語。「海上的暴風」。Tiāmtum,意為海,是提亞馬特(Tiamat)的語源。Ūmū,暴風或是日子。被引申為提亞馬特的十一個怪物。Tiāmtum Ūmū同時也是空中庭園的自動防衛機制「十與一的黑棺」的發音。)

ダメージ
「グッ、う…!なに…!?」
「くっ……!」
受傷
「咕,嗚……!什麼……!?」
「咕……!」

戦闘不能
「そん……な、おのれ…!」
「寂しいものだな、死というのは……」
戰鬥不能
「竟……然,可恨……!」
「死這東西,還真是空虛呢……」

勝利
「そら、苦しかろう?楽になるか?」
「まったく……我の手を煩わせるな」
勝利
「喏,很痛苦吧?想要解脫嗎?」
「真是……別勞煩吾動手」

レベルアップ
「力が増したようだ。不要だがな」
等級
「力量似乎增加了吶。不需要就是了」

霊基再臨
靈基再臨
1
「ほう……再臨か。サーヴァントの身で成長とは、我もまだ枯れておらんということか。無論、我はいついかなる時でも美しいがな」
1
「嗯……再臨嗎。能以Servant之身再度成長,看來吾也還沒完全凋零呢。當然,不論何時吾的美貌都是不變的」

2
「気に入った。大いに気に入ったぞ。引き続き、我に力を寄越せ」
2
「不錯。正合吾意。繼續,繼續把力量繳給吾吧」

3
「大いに気に入ったぞ、マスター。豪奢な装いは我も大いに好むのでな。それでは、パレードでも開くとするか」
3
「這真是太棒了,Master。吾可是很喜歡豪奢的裝扮的呢。那麼,何不就來開個遊行呢」

4
「まさか、ここまで我の奥底に触れるとはな。毒殺を恐れぬのは蛮勇か、無垢ゆえか……いずれにせよ、我の好みだ。刹那の旅路であるが……精々付き合ってやろう」
4
「沒想到,竟然能夠如此觸及到吾的根底。讓汝不畏毒殺的,是蠻勇抑或是純粹呢……無論是什麼,吾都很中意。雖說只是剎那的旅途……吾就盡量的陪陪汝吧

Lv1
「乱暴者の話をしよう。そやつがいかに我の前で死に絶えたかをな」
等級1
「來說說暴徒的故事吧。說說他是怎麼在吾的面前死去的」

Lv2
「老人の話をしよう。その男がいかに無念の死を我の前で遂げたかをな」
等級2
「來說說老人的故事吧。說說那男人最終是怎麼在我面前充滿悔恨的死去的」

Lv3
「汝も我の前に立ち塞がった者の仲間入りをしたいのか?そうではあるまい。ならば、大人しく我を受け入れろ。……うん、よし、それでこそだ」
等級3
「汝也想加入那些阻擋在我面前的人們的行列嗎?應該不想吧。那麼,就乖乖的接受吾吧。……嗯,很好,就該如此」

Lv4
「鳩になりたいと思ったことはあるか?我はあるとも……幼き夢だがな……。っ!しまった!思わず口が滑った。……今のは忘れよう、マスター」
等級4
「是否曾經想過化作鴿子呢?吾有過……雖說只是個天真的夢罷了……。啊!糟糕!一不注意就說溜嘴了。……忘了剛剛那些吧,Master」

Lv5
「汝の前に毒の杯がある。それを飲み干せ。フッ、冗談だ。……だがな、愛とはそういうものかもしれぬ。用心して生きろよ、我がマスター」
等級5
「在汝的面前有杯毒酒。將它喝了。呵,玩笑罷了。……不過,所謂愛或許就是那樣的東西也說不定。可要謹慎的活下去啊,吾的Master啊」

会話
會話
「マスター、我は暇を持て余すことを好まぬ。直ぐに出るがいい」
「主従、か……汝、まさか・とは思うが、我の立場が下だと思っているのか?その誤解は早いうちに是正せよ……!」
「汝が気に入らぬのならば、その命は既にない。命があるということは、気に入らぬ行為をするなという事だ」
「Master,吾可不喜歡遊手好閒。快動身吧」
「主從,嗎……汝該不會,認為我的地位在下吧?最好快點修正這種誤解……!」
「要是我看不上汝的話,那份性命早就沒了。既然命還留著,就不要做出不合吾意的行動」

「天草四郎時貞、か……いやなに、気にするなマスター。あれは異なる世界の現象であり出来事。我が後生大事にしていいものではない。あの戦いは、あの想いは、そちらの世界で戦った彼女のものなのだからな」(天草四郎所持時)
「天草四郎時貞,嗎……沒事,不要在意,Master。那是異世界的現象和事件。並不是吾應該珍惜的東西。因為那場戰役、那份感情,都是只屬於在那個世界戰鬥過的她的東西」(持有天草四郎時)

「ジャンヌ・ダルク……あやつの最も忌々しいところは、自分を聖女だとは欠片も思っていないところだ。どれほどの人間が、あの精神に至ることを夢見てきたか、あやつには永遠に分かるまい」(ジャンヌ・ダルク所持時)
「貞德……那傢伙最讓人不悅的地方,就是絲毫不認為自己是聖女這點。世上曾經有多少人夢想過能夠達到那樣的精神這件事,那傢伙大概永遠都不會理解」(持有貞德時)

「我を求め共に歩んだ老いた男がいた。我を求めその老人を殺めた男がいた。肉を求め、心を求め、奪おうとした。ならば、我が奪う側になってもおかしくはあるまい。因果は応報するのだ」
「曾經有位和吾共度人生的年老男人。曾經有位為了追求吾而殺了那個老人的男人。渴求肉體,渴望心靈,打算奪去一切。那麼,吾成為奪取的一方也並不奇怪。所謂因果是會有報應的」

(譯註:老人是指大臣翁涅斯(Onnes),另外一個男人是尼諾斯王(Ninus)。尼諾斯王迷上了賽米拉米斯的美貌的,打算把她從翁涅斯身旁奪走,因此害死了翁涅斯。而暗殺尼諾斯王的原因眾說紛紜,在Fate中採用的說法是為了復仇)

「シェイクスピア……!マスター、忠告だ。奴は絶対にやらかすぞ。今の内に思考を奪うか命を奪うかした方がよい。よし、我は急いで毒を用意するから汝はあやつを捕縛しろ」(ウィリアム・シェイクスピア所持時)
「莎士比亞……!這汝一個忠告,Master。那傢伙一定會捅樓子。最好趁現在奪走他的思考或是性命。好,吾會馬上準備好毒藥,汝快去把他抓來」(持有威廉‧莎士比亞時)

「アタランテ……あやつ、まだ夢を見ているのか。いい加減それは捨てるべきだというのに。決して届かぬ夢に手を伸ばす者は嫌いではないが、あやつのそれは悲しいだけだ」(アタランテ所持時)
「阿塔蘭塔……她,還在做夢嗎。明明早該拋棄那種想法了的。雖說吾並不討厭那些追求無法實現的夢想的人,但她的,只有悲傷而已」(持有阿塔蘭塔時)

(譯註:和阿塔一樣,賽米拉米斯也是在幼子時期就被拋棄,或許她對阿塔有些同病相憐的情感在也說不定)

好きなこと
「好きなもの?ふむ……穴を掘るだろう?そしてそこに、誰かを落とす……。なに、比喩でしかないさ、ふふふ」
喜歡的事物
「喜歡的東西?嗯……首先挖個洞吧?然後找個對象,推下去……。不,只是個比喻罷了,呵呵呵」

嫌いなこと
「乱暴な男は好かぬ。もっとも、我の前で無頼を気取って生きている者は少ないがな」
討厭的事物
「吾討厭粗魯的男人。不過,在吾的面前無理還能活下來的人本來就不多呢」

聖杯について
「永遠の生、永遠の支配。そら、聖杯にかける望みなど他愛もなかろう。我の望みなど、小さきものよ」
關於聖杯
「永遠的生命,永遠的支配。喏,談論想對聖杯許的願望什麼的沒什麼意義吧。吾的願望一類,只是個渺小的東西」

イベント開催中
「ふむ……何やら騒がしいようだ。……鳩に調べさせるとするか」
活動期間中
「嗯……似乎有點吵鬧吶。……叫鴿子去探查看看吧」

誕生日
「おや? 汝が生まれた日ではないか。めでたいな。酒でも飲むか? …毒など入っておらんぞ。我とて空気は読む」
生日
「哎呀?今天是汝出生的日子呢。真是不錯。要喝點酒嗎?……沒有下毒啦。我也是會看場合的」

召喚
「サーヴァント、アサシン。セミラミスだ。さて……まずは玉座を用意せよ。話はそれからだ。無いのであれば仕方ない、汝が椅子になるが良い」
召喚
「Servant‧ Assassin。賽米拉米斯。那麼……先準備好王座吧。有什麼事之後再說。如果沒有的話那就沒辦法了,汝就當椅子吧」


人物資料

角色詳細
世界最古の毒殺者にしてアッシリア帝国の女帝。夫であ
るニノス王を毒殺したことで、一躍名を馳せた。

また、世界の七不思議の一つである『バビロンの空中庭
園』を建設したとも一時期噂されていた(実際に建設し
たのはネブカドネザル二世)。
身為世界最古老的毒殺者的亞述帝國的女帝。因為毒殺了自己的丈夫尼諾斯王而一躍成名。

另外,有一段時間也流傳是她建造了世界七大奇觀之一的「巴比倫的空中庭園」(實際上建造的是尼布甲尼薩二世)。

絆1
身長/体重:167cm・51kg
出典:史実
地域:アッシリア
属性:秩序・悪  性別:女性
嫣然とした笑みを浮かべる絶世の美女。
身高/體重:167cm ‧ 51kg
出處:史實
地區:亞述
屬性:秩序 ‧ 惡  性別:女姓
笑靨嫣然的絕世美女。

絆2
女神デルケトととある人間の間に産み落とされたセミラミスは、それを恥じたデルケトによって水辺に放置された。
が、神の血を引いた赤子である彼女は無数の鳩に養育されることで命を永らえることになる。
美しく成長したセミラミスは老いた将軍オンネスに嫁いだが、その美貌に魅せられた野心家ニノス王によって、半ば強引に夫と引き離されてしまう。それをいたく悲しんだオンネス自害し、セミラミスはやむなくニノス王の寵愛を受ける身となった。
他国との間に戦が起きた際、セミラミスが助言した奇抜な戦法により勝利したことで、ニノス王は彼女が素晴らしい才能を持つことを知り、ついに正式な婚姻を決定する。
が、その婚姻の宴席で酒杯を口にしたニノス王は、突如苦しみ果てて死んでしまう。人々は彼女が亡夫の仇を討つため、毒を仕込んだのだと噂した。
かくしてアッシリアの女帝となったセミラミスは統治の数十年を摂政として政務を執り行い、多くの遠征や建設事業を指導した。
最後には息子に謀殺されたとも、あるいは地位を譲った後は鳩になって飛び去ったとも伝えられている。
女神得耳刻特與人類之間生下的賽米拉米斯被對此感到羞恥的得耳刻特棄於水邊。
然而流著神之血脈的嬰兒的她被無數的鴿子養育而存活了下來。
成長成美人的賽米拉米斯雖然嫁給了將軍翁涅斯,卻被迷上了她的美貌的野心家尼諾斯王在半強迫的狀況下被迫與丈夫分離。對此感到悲傷的翁涅斯最終自殺,賽米拉米斯只能接受尼諾斯王的寵愛。
與他國發生戰爭時,由於賽米拉米斯提出的奇妙戰法獲得了勝利,讓尼諾斯王得知了她優秀的才能,決定正式的建立婚姻關係。
但在婚姻的宴席中,尼諾斯王才剛將酒就口,就突然痛苦的死去。人們謠傳,她是為了報亡夫的仇,而對其下了毒。
於是成為了亞述女帝的賽米拉米斯在統治期間的數十年中以攝政的的方式掌管政務,指導了許多的遠征和建設事業。
她的最後有被自己的兒子謀殺,也有讓出地位後化作鴿子飛去的說法。

絆3
『虚栄の空中庭園』
ランク:EX 種別:対界宝具 
レンジ:10~100 最大捕捉:1000人 
ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン。
バビロンの空中庭園。実際には、セミラミスはバビロンの空中庭園に携わった訳ではなかった。だが誤解した数多の人々の信仰を利用し、宝具として成立させた。

あくまで「虚栄」であるため、宝具の発動条件は厳しい。
中東に存在するある年代以降の遺跡から、土と石を一定量運び、それを組み上げることによってようやく発動準備が完了する。
その後、三日間の儀式を行うことでようやく庭園としての機能が発動する。

文字通り、「空中を浮遊する大要塞」として顕現する。
そしてこの要塞内部である限り、セミラミスのステータスは全ランクアップ。
知名度も最高クラスに向上し、更に攻撃の際は有利な補正が加わる。

とある聖杯戦争では、この庭園が決戦場となった。十一の防御術式は殺到する飛行機を次々と撃ち落としたが、聖女の旗と空飛ぶ騎兵の突撃によって遂にその防備を破られた。
「虛榮的空中花園」
等級:EX 種類:對界寶具
範圍:10~100 最大捕捉:1000人
Hanging Gardens of Babylon。
巴比倫的空中庭園。實際上賽米拉米斯與巴比倫空中庭園的建設並沒有任何關聯。但寶具是利用如此誤解了的眾人的信仰而成立的。

因為是「虛榮」,寶具的發動條件相當嚴苛。
需要從存在於中東的一定年代以後的遺跡中,運送一定量的土石並將其組合,如此才算完成發動準備。
之後,再舉行三天的儀式才終於能夠發動作為庭園的機能。

如同字面上,作為「浮游於空中的大庭園」顯現。
並且只要是在這個要塞內部,賽米拉米斯的全能力值會向上提升。
知名度也會提高到最高等級,另外在攻擊的時候也會加上有利補正。

在某場聖杯戰爭中,這個庭園成為了決戰場。雖然十一的防禦術式將一齊前來的飛機一架架擊墜,聖女的旗幟與翱翔空中的騎兵突破最終還是突破了防線。

絆4
○気配遮断:C+
サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。 
自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。
ただし、毒を忍ばせる場合はこの限りではない。

○陣地作成:EX
魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。 
具体的な材料を集めることで、“神殿”を上回る“空中庭園”を形成することが可能。

○二重召喚:B
アサシンとキャスター、両方のクラス別スキルを獲得して現界する。極一部のサーヴァントのみが持つ稀少特性。
○氣息遮斷:C+
斷絕作為Servant的氣息。適合隱密行動。
如果自行轉為攻擊態勢的化氣息遮斷的等級會大幅下降。
但是,打算下毒的場合不在此限。

○陣地作成:EX
身為魔術師,能夠做出對自己有利的陣地。
透過收集具體的材料,能夠形成超越「神殿」的「空中庭園」。

○二重召喚:B
獲得Assassin和Caster兩種職階的職階技能現界。是只有極少數部分的Servant才有的稀少特性。

絆5
性格——狡猾、野心に満ち溢れた女帝。敵であろうが味方であろうが蹴り倒し、毒を飲ませて殺し、毒を飲ませて心を壊す。
他者に対しては猜疑心が強く、味方であろうとも必要であれば、必要でなくとも始末する。それは同時に、己の力に絶対の自信を持っているからでもある(自身の領域限定であるが)。
なので、他の王とは致命的に相性が悪いと同時、自らが打って出ることは滅多にない。

例外的に『虚栄の空中庭園』が完全な形で成立した場合、その内部では無類の強さを誇るために積極果敢に攻めに向かう。
性格——狡猾,充滿野心的女帝。不論是敵人又或者是己方她都同樣將其踏於腳下,下毒致死,下毒破壞心靈。
對他者的猜疑心極強,就算自己人也只要是必要的話,就算不必要也會處理掉。那同時,也是出自於她對自身力量的絕對自信(雖說限定於自己的領域內)。
因此,雖然和其他的王的相性致命的差,但同時也不常自己出動。

只有在「虛榮的空中庭園」以完全的型態成立這種例外的場合,在其內部無比強大的她會積極果敢的向前進攻。


相關人物語音

天草四郎
「最古の毒殺者とどういう縁があったか、ですか? 残念ながらそれは……秘密です。ふふ」
「你問我我和最古老的毒殺者有什麼因緣,嗎?很可惜……那是秘密。呵呵」

==============================================================
其實照比例,阿卡德語那個花我最多時間
單字不難找,但要找到可靠的資料來源就有點難了,尤其是把那兩個單字合起來就根本找不到了

92
-
未登入的勇者,要加入討論嗎?
板務人員:

3527 筆精華,10/12 更新
一個月內新增 195
歡迎加入共同維護。


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】