LV. 4
GP 3

【討論】兩兄可能結婚的分析文章 (日文,需要翻譯,聽說寫得很棒)

樓主 將軍 amf98112
GP0 BP-

作者標示-非商業性

本授權條款允許使用者重製、散布、傳輸以及修改著作,但不得為商業目的之使用。使用時必須按照著作人指定的方式表彰其姓名。

哪位大大可以翻譯一下 轉貼自:http://tieba.baidu.com/p/647476023
這是從兩津可能結婚的分析文章 日本人寫的 聽別人說寫得很棒 可是看不懂 麻煩了
 
各キャラと両さんと恋

両さんとの恋が今后どうなるかをリサーチしました。

この调査は调査一课総合课の水健さんに全面的に协力してもらいました。
ありがとうございます。

キャラ名(五十音顺)
分析结果

秋本・カトリーヌ・丽子
    丽子はこれ迄一贯して両津に憧れている。これは「両ちゃんを魅力的だと思う人がいると思うわ」(22-7)、「いきそびれたら両ちゃんのところにでもいこうかしら」(31-7)、「両ちゃんがパパになるなんて」「なんか复雑ね…」(126-1)等の台词や、「丽子さんはいいのかな!?」「先辈に気があるような感じがするんですが…」(67-4)という中川の证言、103-8での両津に告白された时の喜び方、等々至る所に证拠がある。丽子の个人资产は8000亿円もあり(103-8)、财产面も両津にとって申し分ない。また、喧哗でも両津と対等若しくはそれ以上に渡り合っており(25-6、96-3、105-5他)両津の躾という点でも适任である。だが、丽子本人は4人の中で最年长(31-7で23歳)ということもあってか、露骨に両津に求爱したりせず麻里爱の応援をしていたりもする(121-4)。父亲の飞飞丸は64-10で両津の再教育に挑戦したが、103-8では谛めている。今后両津が丽子に求婚しても、まず飞飞丸が「财阀が倾きかねない」と反対し、丽子も例え心の中で『私を选んでくれてありがとう』などと思っても、「マリアちゃんや早矢ちゃんはどうなるのよ!」と结婚は断ると思われる。丽子の性格からして麻里爱や早矢を出し抜くような真似は出来ないであろう。
麻里   爱(マリア)
    麻里爱は无条件に両津を受け入れ爱しており、非常に分かりやすい。当初は両津の容姿が岩鉄に似ているがために惚れていたのだが、両津のギャンブル癖を知っても(67-6)、他の妇警にセクハラをしても(80-6、80-7)、仕事の邪魔をされても(89-3)…とにかく何をしても爱想を尽かしていない。2度だけ(111-5、120-4)両津のことを振っているが、すぐに(112-7、121-4)元に戻っている。女になってから中川の魅力にも気が付いた(111-4)が、依然両津を好きであることには変わりない。财产面でも実家は立派な屋敷であり(76-8)、母方の祖父は财阀なので(76-8)これも両津にとって申し分ない。父亲の晩は息子が娘になってしまったので、両津が婿养子になれば「翻堕罗拳の継承者问题が片付く」と手放しで喜ぶ筈である。尤も両津の方は翻堕罗拳を継ぐのは御免だろうし、第一银次が许す筈がない。また、年下の义母というのも(両津:18-3で37歳、今村今日子:76-8で36歳)少々复雑である。更に、麻里爱はいつでも両津に従顺なため(121-5他)、皿洗いの躾は出来たものの(70-9)両津の暴走を止めるのは无理である。それでも他の妇警に言われているのか、両津を女子寮には入れていない(110-4)。自ら同衾したり(111-5)混浴したがったり(114-9)するだけあって、両津に求婚された场合は喜んで结婚する可能性が高いが、早矢との仲も良いため(120-8)、自ら両津に结婚を申し込み早矢との仲を壊すような事はしないと思われる。
矶鹫   早矢
    早矢についてはホームページ内で详しく书かれているため、少々省略するが、基本的には麻里爱と同様に両津が好きである。ただ、両津のダーティーな面(ギャンブル癖、逮捕歴、セクハラなど)について、どこ迄知っていてどこ迄受け入れているかは些か疑问がある。父亲の剣之介は非常に厳格で、両津はひたすら恐れている。しかし、この父亲は厳格そうに见えて意外とお茶目である(114-6   P121の「THE 剣之介 ROOM」)。意外と両津や戸冢、法条のように外见が怖くて怒っているように见えるだけかも知れない。嘘やギャンブルが嫌いで怒ると怖いのは、大原部长とて同じである。両津が“矶鹫剣之介恐怖症”を克服しない限り、早矢との结婚は不可能と云って差し支えない。
拟宝珠   缠
缠は他の3人と异なり、両津にそれ程恋爱感情を持っていない。元々性格が男っぽくさっぱりしており、両津との付き合い方が中川のそれに近い。もし120-4で结婚していても“友达夫妇”になっていたと思われ、化けの皮が剥がれた时点で即离婚と云う所であろうか。资产は丽子や早矢に较べれば少ないものの、千代田区外神田にあれだけの土地を持っており、一般论で言えば充分に金持ちである。また、丽子同様に両津と喧哗をして対等に渡り合える(118-1)极めて希有な人物であるという事も特笔に値する。ただ、丽子と异なるのは、缠の性格が両津に近い(119-7他)が为に両津と同じレベルで争ってしまい、両津の躾をすることは难しい事である。父亲の夜娄紫喰は非常に影が薄く、両津に対しても好意的(126-2他)で结婚に际して问题にはならない。しかし、祖母の夏春都は両津家の出身(120-4)だけに、両津家の人间をそう简単に信用しそうにない(124-6他)。少なくとも夏春都が隠居する迄、顺当に考えれば死ぬ迄両津は缠(场合によっては柠檬)と结婚することは出来まい。また、现时点で考えて缠が両津に求婚する事は十中八九あり得ず、両津に求婚されても缠が断る可能性が高い。
0
-
未登入的勇者,要加入討論嗎?
板務人員: