LV. 3
GP 5

RE:【其他】ACFA同人小說翻譯----Remember

樓主 imurak imurak
GP2 BP-

作者標示-非商業性

本授權條款允許使用者重製、散布、傳輸以及修改著作,但不得為商業目的之使用。使用時必須按照著作人指定的方式表彰其姓名。


『さて、テペス=V。はアサルトセルについてだ。あなた、っている?』
 本題してゆく。
「あらかたは」
『エレンベルクについても?』
衛星軌道掃射砲だろう?本来あれの防衛たっていたのがだ。たまたませっているに、GA画策もう一人傭兵されはしたが、ね」

好了,采佩什.V.接下來是Assualt Cell的事情了.你知道多少?
我直接進入主題.
大部分.
連艾倫堡在內?
你說那衛星軌道掃射砲吧?原本應該是委派我去守住它的.不過當時我人在病床上, GA趁機找來另一個傭兵摧毀了它.
 もう一人傭兵はそうった。これは当然前戦時中にエレンベルクを破壊した、アナトリアの傭兵している。そう、アクアビットを壊滅せしめられたテペス=Vにとって傭兵として第一がるのは、アスピナの傭兵=ジョシュアオブライエンなのだ、にとっての傭兵がエグザウィルをったアナトリアの傭兵であるように。

他說另一個傭兵.這當然是指之前戰爭期間破壞艾倫堡的安那托利亞的傭兵了.沒錯,對目睹亞夸維特被摧毀的采佩什.V而言,提起傭兵一詞最先想到的當然是阿斯庇那的傭兵約書亞.歐布萊茵.正如我提起傭兵都會想起摧毀Exawill安那托利亞的傭.

 いずれにしてもその二人傭兵がリンクス、ネクストを兵器、そして戦争そのものの構造えたことは間違いない。過言ではあるが、その二人によって世界変革された、とえるもできる。

無論如何那兩個傭兵將Links,連同Next在內的兵器,甚至為戰爭的構造帶來改變一事是毋庸置疑的.雖然有點誇張,但是說世界因他兩人而產生變革亦無不可.

「まあ、必要だとは、でもっとるよ、あの計画は。かにの、、でもあったわな、宇宙は」
 テペスは途切途切れに、一歩一歩をあゆむように言葉ぐ。
「このった身体に、修羅で、甲斐では、あった。戦争しくなってからはそんなこともってられなくなったが。……はただ兵共、だ」
 らく、そのれたでは過去憧憬みしめられているのだろう。

至於那個計畫嘛,我現在依然,認為是有必要的.確實,邁向宇宙亦是我的夢想.采佩什猶如步行般,將整句話逐點吐出.
這夢想令我這腐朽之身,即使滿途荊棘,亦能找到生存意義.當然戰事激化以來都容不了我說這話了……到了現在已經是將士們的夢痕而已.
恐怕,他過去的憧憬跟他的雙眼一樣,都曾經被他人狠狠地摧殘過吧.

『ならば丁度いいじゃないか。れていたたとえばいい。貴方はもう充分義理たしただろう?シルババレットのテペス=V地中海えた、貴方最早誰でもない。もう、かれるもあるまい?』
 るべきっていると判断したは、懐柔きだす。経験豊かなリンクスの協力、そして、過去実際協力不可欠であるとじていたためだ。
 だが過去るがに、げていたものがいがに、容易にはらない。
……ずっとっているんだがね。にくわんなあ、おさんの、その物言い。勝手理想くのはいがね、ができる?おさん一体何ができるというんだ?」

那不就正好嗎?就算是想起遺忘已久的夢想就好了.你不是已經盡了你的責任嗎?銀色子彈的采佩什.V已經死在地中海,你已經不是任何人了.應該再沒有東西束縛著你吧?
明白到他知道我應該知道的事的我決定游說他.因為我感覺到經驗豐富的Links的協助,而且,知曉過去一切事情的他的協助是不可或缺的.
但是,正因為知曉過去的一切,並且因而背負不少東西的關係,他可不會簡單地點頭.
「……我一直這樣想著.我真是看你的說話方式不順眼.你有理想是你的事,但是我能幹甚麼?你們又能幹甚麼?

 椅子のめりに体重け、テペスに耳打ちするようにりだす。
……これから人類生活圏る。だが、そのゆりかごをばすには莫大なエネルギる。それも持続的にな。……と、すれば確固たると、血管機構必要となるわけだ。それは同時に、いままで世界中分散していたエネルギ集中させる装置でもある』

我將身子傾前,在采佩什耳邊細語.
『……今後人類的生活圈子將會轉移到天上.但是,要讓那些搖籃飛行需要莫大的能源.而且是不停供應……既然如此,那當然需要猶如骨骼和血管般能確實持續運作的系統.那是同時將目前為止分散於世界各地的能源集中起來的裝置.

「なるほどアルテリアか。そこをえれば、掃射砲大量のエネルギ持続的ることは可能では、ある。……あながち夢物語だけとうわけでもないわけだ。だが実際は、世界中残党めたところでそんな芸当不可能だろう。が、それに協力する?その理想万人くものか?の、清浄住処びとがそれをすとうか?人類というのは明日世界よりも、今日寝床左右されるだよ」
 するテペスの弁舌い。

原來你的目標是動脈(Artelia)”裝置啊.只要控制了那裡,就會有源源不絕的能源供應到掃射砲那裡……這確實不是夢話.不過實際上,即使你們將世界各地的殘黨們集合起來也不足以成事吧.有誰願意幫你一把?這個理想能否讓世人理解?在清淨的空中生活的人們會否容許你們的作為?人類畢竟是比起明日的世界,更受今日的食宿左右的生物哦.
采佩什銳利地指出問題所在.

『そのとおり。だが、そこにもはある。これから地上には、とは鏡映しのように、げられ、ただくのを人間れることになるだろう。らにとってれば、クレイドルはかさの象徴だ。汚染だけがされる地上、そこにされるびと……一体何人いるかな?一億?あるいは数千万?いや、もしかしたら数百万人程度かもれない。……しかし、それで充分だ。その数百万、アルテリアをめるといただけで心躍らせるような反動家達何人いるかな?案外多いのではないかな?どうかな、りがいはあるだろう?』

確實如你所言.但是,這亦有一個漏洞.從今以後的地上,將會與天空相反,充滿了受到企業壓迫唯有在地上等死的人.對他們來說,搖籃是豐裕的象徵.而被排除在外,只能留在充滿污染的地上的人們……你想一下會有多少人?一億?抑或數千萬?不對,也許只有數百萬人……不過這就足夠了.在這數百萬人裡面,會有多少個反對者光聽到進攻動脈裝置就會摩拳擦掌?應該為數不少吧?這應該讓你有揭竿起義的價值吧?

不可能だよ。テロリストんでどうなるものかね」
『いいや、可能さ。イデオロギっているほどしやすい。それにらも人類だ。このまま世界枯死させようとはっていないさ。らをこそじている』

不可能的.若然混入了恐怖份子的話誰知道會變成甚麼樣子.
不對,有可能的.意識形態越是偏激就越容易被滲透.再者他們也是人類.無論如何都不會眼看著世界逐步枯死的.我相信他們.

……メルツェル、おもこの同調するのか」
 一息ついてから、テペスは思案れた様子でメルツェルに意見める。

「……梅謝爾,你的想法跟他一樣嗎?
采佩什在一聲嘆息過後,以略帶迷茫的樣子尋求梅謝爾的意見.

 だが、らないのだ。たちが如何にしてきてきたのかを。そしてたちはもう、そのわらせる毛頭無い。行動におこしてきたのであり、いなりにみをねてきたという事実を、らなかった。

但是,他不知道.他不知道我們如何掙扎求存.而且他不知道我們沒有半點把那個夢想放棄的打算,並且已經為此採取行動,逐步向著目標邁進的事實.

同調も、これはのプランでもある。人類未曾有暗黒時代おうとうんだ。手段んでいる場合でもなかろう」
……
 テペスはたままにかむりをる。
『それに、だ、テペス=V。から人類皆主義理想理解しておうとはわんよ。えようともわん。明日目標してやるだけで今日きるさ。明後日のことはそれから、一緒えればいいのではないかな』

「沒有甚麼相同與否,這本來就是我的計劃.我們要幹的可是帶領人類脫離前所未有的黑暗時代啊.可沒有時間再去管手段的對錯了.」
「真是的……」
采佩什維持躺臥的姿勢把頭別過.
『再加上呢,采佩什.V.
我從不認為我們能讓世人理解我們的主義及理想.而且我亦沒有為此傳道的打算.畢竟只要指示出明天的目標人就能撐過今日,之後如何過活就到時候,再一起去想不就好了嗎?

い、傲慢だ」
 すでにだらけの眉間をさらにせるテペス、それをメルツェルがす。
……なあ、銀翁屋台骨んだ建物れるのをつばかりだよ。一度壊くすのが一等安全なんだ。それに、をもってすとは、貴方わったことだよ」
 えて哀願する。
協力してくれ、銀翁貴方がかつてていたを、たちにもさせてくれ』
……チッ!くようなことを!」
 そうってついにテペス=Vはをつぐんだ。

真是傲慢得無藥可救.
將滿佈眉間的皺紋再擠出幾道的采佩什,如此教訓梅謝爾.
「……銀翁啊.支柱扭曲了的建築物只有倒塌這個結局而已.一口氣將它夷為平地反而更安全.而且是你教我要以毒制毒的.」
我此時亦出聲哀求.
請你協助我們吧,銀翁.讓我們也能看見你往昔的夢想吧.
「……呿!就只會講些漂亮話!」
說出這話的采佩什.V之後一言不發.

 ってしまうと、医務室にはしばし、けさがしみしてくる。く、刺激的消毒液りが鼻腔に、グウン、グウン、というオルキウスのエンジンに、まってじられるのであった。

當他沉默起來,整個醫務室逐漸靜寂下來.傳入鼻腔的那略帶甜味而刺鼻的消毒藥水氣味,以及傳入耳朵的鯨魚那”轟,轟”的引擎聲音,都變得很容易地感覺得到.

       ※         ※         ※

……ッハハハ、いかれとるな」
 沈黙は、したようなテペスのられた。
……病気だよ、おら。にくわんなあ、おい。フハハッ。……まあ、いいだろう、どうせくところもないんだ、協力しよう。この身体がどこまでつかはらんがね」

……哈哈哈哈,真是瘋了.
采佩什那故意壓低了的笑聲打破了沉默.
「……你們真是有病.真是讓人看不過眼啊.哈哈……算了,這樣也好.反正現在已經無容身之處了,我就來幫你們一把吧.雖然我也不知道能撐多久就是了.

 そのれたようにも、根負けしたようにもえたが、同調したことだけはかであった。たちは老練なるリンクスに弁舌をもって勝利したのだ。

雖然他那樣子看起來既像是出乎意料的表情,又像是受不了我們的死纏,但他願意加入我們卻是毋庸置疑的.我們以如簧之舌成功說服到這個老練的Links了.

『フッ、感謝するよ。くはないだろう?むのも。はともあれ、歓迎しよう、銀翁。これからはよろしくむ』
「ふん!……む、ね。かにな。だが、勘違いするなよぉ?は、おさんにはいまいち信用がおけん。はメルツェルの小僧のために協力するんだ。初陣小便垂れながらべそかいていた坊主のためになあ」

『呼,多謝你.但是這也不錯吧?沉醉於夢想裡頭.不過無論如何,銀翁,歡迎你的加入.從今以後多多指教了.』
「哼!...... 沉醉於夢想嗎?確實如此啊.不過,別給我搞錯了.我啊,
可信不過你這傢伙.我是為了梅謝爾這小子而協助你的.為了這個初次上陣就已經屁滾尿流的小鬼啊.

「おい、銀翁余計うな」
 すような仕草でメルツェルがえる。
「へえ、可愛いところもあるものだな、メルツェルにも」
 すると、から、いつしか真改れて医務室ってきていたジュリアスエメリった。
らなかったのか、ジュリアス?』
「いや、よくっている」
 諧謔に、彼女はくつくつとう。
「テルミドル、ジュリアス、いい加減にしておうか。おい、おっているのか、真改なんだ、一体

「喂,銀翁.這些陳年舊事就別再提了.」
梅謝爾忍不住回應.
「咦,
想不到梅謝爾你也有可愛的地方啊.
然後,不知道甚麼時候帶著真改來到醫務室的茱莉雅絲.艾蜜莉就在他旁邊參上一口.
『原來你不知道嗎?茱莉雅絲.』
「不是啊,清楚得很.」
對著我的諧謔,她亦咯咯笑了起來.
「蒂米多爾,茱莉雅絲,你們給我差不多一點吧.喂,真改,連你也跟他們一起笑著?搞甚麼啊?真是的.」

 メルツェルは冷静ぶってをすぼめているが、そのまで紅潮している。そんなに、銀翁め、たちはしばしやかにった。

雖然梅謝爾一臉冷靜地挺起胸膛,但是他臉上的紅潮已經泛上雙耳.連銀翁在內,這刻我們都以他這個樣子作為笑料笑個不停.

「ハハハ、いい友達ができたようじゃないか、メルツェルよ。……しかし、にしても、因果なものだ。裏切り、裏切られてからることになろうとは。やぁれやれ、難儀だのう!人生ってやつは!」

「哈哈哈,梅謝爾啊,看來你也結識了幾個好朋友啊…….不過,由我來看,這都是因果.在背叛他人,再被他人背叛之後才重新看到自己的夢想.真是,有夠麻煩的!人生這回事!

 銀翁真改、ジュリアスエメリ、メルツェル、そして、マクシミリアンテルミドル。最初五人はこうして、った。反動勢力ORCA旅団旗揚げもい、そんな時節である。

銀翁,真改,茱莉雅絲.艾蜜莉,梅謝爾,然後是我,麥斯米利安.蒂米多爾.”最初的五人”就是這樣聚集而成的.那是離反動勢力奧加旅團的揭竿之日不遠的事情.

       ※         ※         ※

 さて、銀翁説得ませてから数日後のこと。たちは地中海以上み、クレタ島近海けようとしていた。だが、だインテリオルのイクリプス後方上空いており、のっぴきならない状況はまだ継続していた、そのである。たちにとってはいがけない事態れる。

然後,這是成功說服了銀翁數日後的事情.我們打算橫跨大半個地中海,直至離開克里特島沿海海域.不過,因提利奧的”日蝕”依然窮追不捨,令到我方形勢上進退維谷的那個時候.那時發生了一件超乎我們想像的事情.

 それは、オルキウスの係留する型観測ポッドが、進行方向から接近するごく小規模艦隊のスクリュー音えたことにまった。

一切從繫於鯨魚上的浮游型監測器,捕捉到來自前方的小規模艦隊的螺旋槳聲開始.

 とメルツェルは、すぐに管制室へとめる。

我和梅謝爾隨即趕到潛艦管制室.

「なんだ、管制官何処艦隊だ?」
特定不能。サイズからてイジスと、ノマルの運用艦だな」
「こちらの所在えられているのか?」
「わからん。機関停止しているからな、イクリプスみのレがなければ発見はされんだろうが……
『イクリプスに、きが?』
「ああ。まだいが、あちらさんに警告かをしているな。オプンチャンネルで」
えるか?」
とか……観測ポッドをもう浮上させれば……
『ポッドは水際までげよう。状況んでおいたほうがいい』
 それはたちのをさらしかねない行為であったが、不可欠であった。しろ、艦隊敵勢力であった場合我々挟撃されることとなるのだ。

「怎樣了,管制官?是哪裡的艦隊?」
無法特定.從尺寸來看應該是神盾艦,以及Normal運輸艦.
「他們能否掌握到我們的位置?」
「不清楚.雖然說機關部份已經暫停運作,若非跟日蝕同級的雷達應該找不到我們……」
日蝕採取甚麼行動?
「有.雖然相距甚遠,但是那邊已經用公開頻道進行警告了.」
「能截聽到嗎?」
應該沒問題……只要讓監測器再向上浮……
『索性讓監測器浮上水面吧.要盡可能掌握最新情況.』
即使這會暴露我們的位置,我們仍有這樣幹的必要.畢竟,那艦隊是敵人的話我們可要被兩方圍剿
.

 ポッドの係留索伸張するにい、ヅン、ヅン、という耳障りなノイズにじって、管制室にはきだす。

隨著監測器逐漸向上浮,管制室亦響起了混雜了礙耳的雜音的人聲.

 そして最初に、不明艦隊のものとしきのかすれたがはっきりといた。

然後第一把清楚傳來的聲音,是應該屬於不明艦隊一方的男人的沙啞聲音.

「《ぁ……ぃるだろうが、ラインア自治体制下にある。あんたたちが主権領域侵犯するなら武力行使ない、だとさ。どうする?してんねえと、風穴いちまうぜ……》」
 その台詞からはインテリオルユニオンする明確敵意える。

「《……你們怎麼說,“Line Ark”都是獨立的自治體制.你們若然要侵犯我方主權領域,我方亦不得不以武力驅逐,就這樣了.怎麼辦?若然現在不趁早回家的話,可是會被打出好幾個窟窿哦……》」
從他的話可以看出他們對因提利奧聯盟軍的敵意.

「ラインアク!?」
かに!インテリオルがくぞ」
「《……警告以上です。排除開始します》」
 無論、インテリオルがそのような恫喝じるはずもなかった。
「《はっはっはっは……、そうかい》」
 すると、おもむろにいだす。そして、
「《じゃあァ、戦争だ》」
 開戦宣言する。のそのぶりからは、闘争しむ様子明確えた。
 その通信皮切りに、観測ポッドの音声はノマルの起動音や、ミサイルの発射音、そして弾頭炸薬音やレー・ムの放射音たされていく。オルキウスの頭上には戦場が、忽然れた。
 たちは進展すまいとす。

「Line Ark!?」
「安靜點!因提利奧有行動了.

「《……
警告到此為止,開始排除敵人.》」
當然,因提利奧可不會因為這樣的恫嚇就乖乖退兵.
「《哈哈哈哈……是這樣嗎?》」
對此,那男人徐徐地哈哈大笑.然後,
「《那就,開戰吧.》」
他宣布開戰.從他的口吻來看,他享受著戰鬥這點可是再明確不過.
 隨著通訊中斷, 監測器所接收到的聲音充滿了Normal的啟動聲,導彈發射的聲音,以及彈頭炸藥和鐳射光束的放射聲.鯨魚的頭上忽然變成了戰場.
我們平息靜氣地聽取這事態的最新進展.

 オルキウスはすでにエンジンを停止し、海底たわっていた。レッドランプのみの管制室では、かのがごくりとる。口内も、あごとがきそうなほどいていた。と、そんなことをえている。
我記得當時鯨魚早已停下了引擎,躺在海底.在只有紅燈作照明的管制室,不知是誰的喉嚨更傳來了吞嚥的聲音.而我的口腔,亦乾涸得舌頭跟上顎快要貼在一起.
……!オストの起動音!」
 唐突に、管制官くようにげる。
海水中コジマ粒子濃度上昇、プライマル起動確認!」
『ネクストか!』
 その疑問、あるいは感嘆には、のかすれえる。
「《ノーマルだけだと思ったかい?》」

……!是Overed Boost 的啟動聲!
管制官唐突地大呼.
海水裡的小島粒子濃度上升,確認Primal Armor的啟動!
『是Next?』
 對我的疑問,或者是感嘆,那個聲音沙啞的男人開口解答.
「《你以為就只有Normal而已嗎?》」

 なく、我々頭上は、今度へと姿えた。インテリオルの飛行要塞抵抗虚しく、ただ、乗員混乱のみを周囲えていく。
「《ミサイルランチャー付近引火します!》」
「《第六第九ブロック閉鎖!》」
「《ちた!機関士ちたんだよ!こえてんのか!》」
「《撤退を、撤退指示を!》」
 インテリオルのアムズフォトはかに新鋭基であり、空戦主力たり性能していた、が、ネクストにとってはけぬ相手ではなかったのだ。

不久,我們頭上的戰場,隨即變成了狩獵場.因提利奧的飛行要塞無力抵抗,只有要塞組員的混亂傳到四周.
「《火舌燒到導彈發射器附近!現在把它分離
!》」
「《封鎖
第六,第九區間!》」
「《
掉下去了!機關士掉下去了!聽不到嗎!》」
「《
撤退!請求撤退!》」
因提利奧的Arns Fort確實是新銳的機種,有著足以成為空戰主力的性能,不過,Next來說並非應付不了的對手.

「《もっとしんでいけよ。せっかくのいだろうに》」
ラインアクのはイクリプスの撤退をすらさない。凶猛言葉一緒には、よりくの兵器行使されるがこだまする。

「《再讓我玩得盡興點嘛.難得有機會戰個你死我活.》」
“隸屬Line Ark的男人”連撤退的機會都不給日蝕.無數兵器的聲音,伴隨著他殘暴的言詞
在我們耳邊迥響.

 最後に、一層大きな爆発音水面わせた。
最後,一道巨大的爆發聲震動整個水面.

「《……ははは、ちるちる。まるでフリスビだ》」
 とともに、巨大構造物海水面落着し、轟々んでゆく。
「《くっ、ははは……生存者さんよ。まあ、えときな、ルドキングリザ名前……我々は、クレイドル同盟リリアナ我々は、ラインアクをり、企業専横抵抗することを此処宣言する。……るか?たちゃ、民主主義るためにがったテロリストだ。このった地上救世主様だってことだよ。はははは……》」

「《……哈哈哈,掉下去了,就和飛碟一樣掉下去了.》」
那巨型碟狀物體,隨著男人的笑聲墜落在海上,在爆炸中沉沒.
「《咕,哈哈哈……倖存者們啊.總之,給我記住我”老國王”和“LISA”的名號吧……我們是反搖籃體制同盟”莉莉安娜”.我們宣布在此起義守護Line Ark,抵抗專橫的企業界……明白了沒?我們可是為了守護民主主義而揭竿起義的恐怖份子啊.是這片沒救的大地的救世主大人唷. 哈哈哈哈……》」

 我々かした日蝕は、せずしてれる。にはただ、名乗り、リザというの、凶暴だけがった。

威脅著我等的”日蝕”,出乎意料地就此被清除掉.然後只有,自稱為”王”,提起”LISA”這女性名字的男人的殘暴的笑聲留在耳邊.
「これは……
「ラインアク、自治都市機構だな」
 メルツェルが耳打ちする。
『ああ、だが、せいぜいメガリスライン不法居住者という程度だろう、らは?それがネクストを?』
って、いるんだろうな」
 も、いまだ事態れてはいなかった。
 明確クレイドルをうものが、ネクストをち、武力行使するという異常事態。ラインアク、その場所起点いていることは間違いない。あるいは、世界るがしかねない事態が、たちの関与しないんでいるのかもれなかった。

「這是……」
「Line Ark,那個
自治都市政體.
梅謝爾在我耳邊說著.
『嗯,不過他們最多不就是Megalith Line的非法居留者群體而已嗎?他們都擁有Next?』
「應該,是真的擁有吧.」
不論是他還是我,都暫時難以理解並消化眼前的事態.
明確地宣揚反搖籃體制,卻持有著Next,並且行使著武力的異常事態.一定有甚麼事情以Line Ark這個地方為起點發生了.又或者說,令到整個世界受到動搖的事態,可能正在與我們毫無關係的地方有所進展.

 だが、それ以上まれたのは、ルドキングリザ、そしてリリアナという名前であった。は、てをんだようなに、んじられたという感覚、つまり焦燥感敵愾心いていた。

但是,在此以前令我緊記在心的,正是”老國王”和”LISA”,以及”莉莉安娜”這三個名字.我對那個男人那把蔑視一切的笑聲心懷敵愾,而且充滿被他搶先了一步的焦躁感.

待續
2
-
未登入的勇者,要加入討論嗎?
板務人員:歡迎申請板主

695 筆精華,08/22 更新
一個月內新增 0
歡迎加入共同維護。


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】