LV. 2
GP 0

RE:【其他】ACFA同人小說翻譯----Remember

樓主 imurak imurak
GP2 BP-

作者標示-非商業性

本授權條款允許使用者重製、散布、傳輸以及修改著作,但不得為商業目的之使用。使用時必須按照著作人指定的方式表彰其姓名。

【チェンジス/Changes : 変革】 ver.2.0
 んだ。きょうだいもんだ。

我的母死了.我的兄都死了.

 刹那出来事だった。マグリブ解放戦線のアナトリア襲撃はそれほど電撃的であった。無論コロニー全体みればかの死傷者微々たる被害状況であったのだろうが、肉親った。

那真是眨間的事.馬格里布解戰線突安那托利亞一事就來得如閃般突.就殖民地而言傷.我的至親亦是死之一.

 当然並々ならぬ衝撃けた。しい間近じた戦争実感は、るようにんでいた革命録とはきくい、えた、いたものだった。ロマンチシズムのかけらもないそれに、った。一番初めにいた感情は、しみだった。戦争そのものをんだ。人死にの記録んでり、自傷的なヒロイズムにっていた私自身ましさをった。になって、アナトリアの傭兵された同胞仇討ちが目的であったというけば、マグリブだけをにもなれなかった。

,我感到前所未有的衝.身邊的人的死,親身感受到戰的真,和我之過的革史簡大相逕,是充滿屍臭,焦臭味的現.在那毫半點浪漫主義可言的那東西,我渾.隨之而來的第一種感,是憎.我憎.我亦咒於血的歷,於自虐式英的自的無知.在往的日,我聽聞馬格里布的人是為了被安那托利亞的傭的同胞而進,我亦產不了半點恨意.

 ただ一方は、のどこかで冷笑的に、傍観者然後先める自分がいることにがつく。恐怖した。グダグダにつぶれた家族亡骸をガラスしにつめながらも、どこか冷静さをっている自分して、どこか揚々とした前途えている自分して、恐怖した。しかし、その理由明白だった。

但另一方,我發在自心底某處有著帶著冷笑,以旁觀者的視這一切的另一個自.我感.我對隔著玻璃窗著已不似人形的家的屍,仍能保持不知從何而來的冷的自,對洋洋得意地為自的前心懷希的自.,我自最清理由何.

 もとよりリンクスとして革命じようと本気えば、家族てるしかなかった。だから、にはいつでも不可能だった。は、を、家族していたのだ。彼女らがいかにちたグルジアをし、やっとたアナトリアでの平穏をいかにしていたか、たりにしてっていたのだ。

根究底我若然真心要以Links的身殉身於革的話,我不得不將家人從我的生中割出來.對我來說這是永不可的事.我愛我的母及家人.她是如的格魯吉亞,多麼護千辛萬苦才在安那托利亞得到的安穩,這一切的我很明.

 こういってはだが、にとって、彼女らはいつでもだったのである。では彼女らをんじていたのかもしれない。いや、むしろこのような結果になることをんでいたのだ。そう、マグリブアタックで家族ったとき、んでいたのだ。なにしろ、らのさずにんだのだから。

說雖,但對我來說,都是我的枷.我內心其想疏.不對,倒不如說我根就是期望這樣的結果.沒錯,馬格里布恐襲令我失家人時,我心底為此而歡.,最少可不用我弄的手就成事了.

 私は憶えている(I remember)……

我記……,

 最後わした言葉を。マグリブ襲撃前夜、リンクスになりたいという意思めて彼女けた。彼女には内緒AMS適性検査け、非常良好数値していた。その結果をもって談判しにいったのである。しかし、ったかいて反対した。といえばらの才能否定されたようにり、って抵抗した。あの時私たちはしく、いや、めてしい口論わした。

跟母一次對. 在馬格里布恐襲前夕,我向她表我想成Links的決.我瞞著她接AMS應性,得出非好的數.而我利這個結作為跟她談的材.但是,不知她想哭著反.我則因的才被她否,登時怒不可遏地抵.那時是我倆母之間罕,不對,是第一次激地吵.

 にとっては、がリンクスとなるということは息子人体実験被検体とすること、そしてがネクストをるということは息子をコジマ粒子ちた戦場大量殺人させることと同義であったのだろう。はそうじている。

對母來說,我要去做Links的兒將會成驗室裡的白老,我駕Next亦即是將自的兒子丟到滿佈小島粒的戰上任由他成狂吧.現在我這樣想.

 それでは、は、最後かってこうった。

然後母, ,對我這.

にはおのことがわからない。おは、非凡すぎる。などのとしてまれてなければかったのに。もっと環境まれれば、こうはならなかったのに」

我真不明白你.你實太過非.若然不是我誕下你的話那該有多好呢.若然你在更好的環出生的,一定不會變成這樣子的.

 これが、自身卑下してった台詞であることはにはすぐに理解できた。だからこそ、えられなかった。あのした。身着のままで。それが精一杯抵抗だった。そして、二度りつかなかった。

我登時理到這是母自貶身的台.正因為這,我忍無可忍.當晚,我離家出走.連衣都沒換.那是我拚盡一切的抵抗.然後,我和她從此天人永隔.

 だが不幸にも家族というたがをされたは、早急にリンクスとなることをめることができた。アナトリアのリンクス養成所AMS適合手術け、訓練課程へもんだ。才能も、充分えてくれた。心残りであったのはやはり「まれてこなければかった」というであるが、一事没入していればれることができた。たとえそれがまなかったことでも。死人なしとはよくもまあったものである。

但是很不幸地了家人的我,總算可盡早決Links.我在安那托利亞的LinksAMS,並隨.而我的才,亦充了我的提問.要說有甚就是母誕下你的話那該有多好這句話,但是只全情投某件事就能忘這句話.使她不想我這.”對死無話可說”之類的話真虧我敢說出口.

       ※        ※         ※

 そしてまたこの時分はアナトリアをることも決意していた。家族った居続ける心苦しさがそうさせたということもあったが、戦争激化するにい、私自身居辛くなるような状況まれてきていたのである。

就在這個時,我亦決安那托利亞.一來繼留在這片家人的葬身之地總會令我睹物思人,但隨著戰局愈來愈激,時局亦令我逐身處久留此地的立.

 ことの顛末はこうだ。にリンクス戦争ばれる当戦時中ってのり、アナトリアはアスピナと同様えたネクスト傭兵他企業貸与することで利益ていたコロニであった。だが戦争深度し、均衡れると情勢はオメルりへときつつあった。オメルに敵対していたレイレナド/アクアビットは反比例して肩身めていく。それは中立うアナトリアにおいても同様で、レイレナは、コロニー内では対立する勢力から仮想敵として迫害け、外部のレイレナ本社からはスパイの可能性もありとして白眼視される状況めていた。

的始是這.在之被稱為Links的這場戰途中,正如大家所知,安那托利亞和阿斯庇那一樣,都是靠將自Next外借到其來獲益的殖民地.但隨著戰深化,後形就逐有利於奧瑪科一方.而跟奧瑪敵對的雷連納德/亞夸維特的處則日益嚴.就連標中立的安那托利亞亦一樣, 親雷連納德派開被殖民地內的敵視作假想敵來迫害,會當成雷連納德派來的間而遭白眼.

 そして、はそのレイレナしていた。というのものグルジアでの再婚相手、つまり養父がレイレナ現地法人所属していたのである。(に、AMS適性検査けるようめたのもであった)マグリブアタックでけがをいながらもびていた養父は、アナトリアの現状ぶみ、のレイレナ本社における登用りはからってくれたのである。

而我則是雷連納德一派的人.我死去的母的再婚對,亦即是我的養父是雷連納德企安那托利亞分社的人.(先前提及過的AMS應性都是他建我去嘗)在馬格里布恐襲中大難不死卻身負重傷的養父,到安那托利亞的危現況,他幫我安好讓雷連納德本部錄我的手續.

 レイレナきにしてはだった。アナトリアにいたところで正規リンクスにはなりえないことはかりっていたのだ。のコロニ指導者、エミグスタフはアナトリアの傭兵にのみ、心血んでいた。その傭兵業をもってのみしか利益られなくなっていたアナトリアに、複数のネクストを運用する知恵技術も、度量もあろうはずはなかった。彼処はもはや、思想なき、なき、その日暮らしの連中停滞享受するだけの場所であった。にアナトリアは、びを約束されたソドムかゴモラのようにっていた。ではわずかにアナトリアの傭兵ばかりが歪な真珠(バロック・パール)のごとき光輝っていたのである。

我對雷連納德一事簡求之不得.我明呆在安那托利亞是做不了正Links.當時的殖民地導人艾米爾.古斯塔夫只對安那托利亞的傭一人,不少心.不靠Next事業就無法獲益的安那托利亞來說,就沒運用多部Next的智及技,以及度.,和愛可言,是讓這批得過且過的傢停滯的地.在我眼中的安那托利亞,如同日將至的所多姆及蛾摩拉.在這地安那托利亞的傭散發出猶異形珍般的光.

 そしては、コジマ汚染による悪性白血病くなった養父遺志い、ほどなくしてりレイレナ本社へとる。GAゼン工場にて、レイレナ所属No.3アンジェがアナトリアの傭兵撃破されたちょうどその斜陽本社ビル、エグザウィルにった。

而我則遵從因小島粒患上惡白血病而死的養父的遺志,不久就獨自起程前雷連納德本部.就在屬雷連納德的Original No.3安琪於GA的哈森工,被安那托利亞的傭的同一日,我來了被夕著的本部大樓—Exawill.

 私は憶えている(I remember)……

我記得……

 あののことを。エグザウィルの暴動でもきたかのような喧噪ちていた。世界渦巻混沌したようだった。だがはその一人、ほくそんでいた。過去平穏汚辱てアナトリアにて、裸一貫未来のみを見据えていた。リンクスとなり、ネクストをって世界ちた戦争こう。それこそが兄妹への供養ともなろう、と、はそんなことをえていた。

那一天的事情.Exawill多得讓人以為發生暴動.出席世界的混一般.但是身在現場的我,卻笑了出來.我已將我過去所的安穩及污留在安那托利亞,然一身地看出未我應走的路.成為Links,Next為遍的戰.我想只做才能好好弔我死去的家人.

 あの、エグザウィルでめて、マクシミリアンテルミド名乗った。明確理由があったわけではない。マクシミリアンと、ロベスピエルが処刑されるきっかけとなったテルミドルのクデタの、らないもじりである。だがその名乗った、グルジアまれの、アナトリアのリトルマックス、んだ。その仮面(ペルソナ)はもう必要無かった。

在那天的Exawill,我以斯米利安.蒂米多爾(Maxmillian. Thermidor)自稱.這個名背後沒.就是我的名字麥斯米利安,再將成羅伯斯比爾被處死的契熱月政變(ThermidorianReaction)”中的熱月,作個無的借.但是當我開始用這個名的時, 我母在格魯吉亞誕下的孩安那托利亞的小死了.那個面具亦沒用了.

待續
2
-
未登入的勇者,要加入討論嗎?
板務人員:歡迎申請板主

695 筆精華,08/22 更新
一個月內新增 0
歡迎加入共同維護。


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】