LV. 17
GP 172

【密技】「歡迎來到大和以及武藏屋旅館!」 一揭帝國海軍大和型戰艦豪華設施真面目

樓主 只要莫妮卡_改二 justmonika52
19 -
繪師=ゆな(yunamaro32)

「ヤマトホテル」「武蔵屋旅館」と揶揄されるほど、旧日本海軍の戦艦「大和」および「武蔵」は冷房をはじめ艦内設備が充実していました。とはいえ乗員の贅沢のために設けられたものではなく、そこにはもちろん、それが必要な理由がありました。
舊帝國海軍戰艦的「大和」以及「武藏」因為她們艦上的冷藏和設施都相當精良充足,所以被揶揄成「大和旅館」、「武蔵屋旅館」。
但並不是艦上船員為了過奢侈的生活才這麼設置,而是當然有它們如此存在的理由。


大和型戦艦も陸軍にしてみれば…

「よくも人力でこのような軍艦がつくれたものだ」
 大本営の陸軍参謀 辻 政信中佐は思わずつぶやきました。1942(昭和17)年9月24日、太平洋戦争の激戦地となったガダルカナル島に向かう途中、トラック泊地に連合艦隊旗艦「大和」の山本五十六司令長官を訪ねたのです。「大和」の主砲を見て「海軍さん、これ本当に動くんですか?」と、随行した陸軍軍人が質問したとかしないとか。
當陸軍看見了大和型戰艦...
「這樣的軍艦還是人類建造出來的東西啊」
本營陸軍參謀的辻 政信中佐發出了這樣不自覺的喃喃。
1942年(昭和 17年)9月24號,辻 政信在往太平洋戰爭最前線戰場的瓜島前進途中,造訪了當時停靠在特魯克泊地的時任聯合艦隊旗艦「大和」上的山本五十六。
看見了「大和」的主砲後,跟山本隨行的陸軍軍人提問道:「海軍啊,這個真的動得起來嗎?」。


1943在特魯克泊地拍下的照片,左邊為「大和」,右邊為「武藏」


   昼食には黒塗り膳に鯛の塩焼きと刺身が出され、さらに冷えたビールまで付いていました。辻中佐は「海軍は贅沢ですね」と思わず皮肉を口にしてしまいます。ガダルカナル島では陸軍は頼りない補給で、食うや食わずの激戦を強いられていたのです。
艦上午餐提供的餐點有擺放在黑色餐桌上的鹽燒鯛魚和生魚片,再來是冷啤酒。
辻中佐看到之後就嘲諷道:「海軍還真是奢侈啊」,而當時正在瓜島上的陸軍,還只能依靠著不穩的補給來支撐艱困的激戰。


 大和型戦艦は居住環境が大変恵まれていたほか、備蓄食糧も多彩かつ豊富なものでした。艦内には冷凍冷蔵庫はもちろん、納豆、こんにゃく、もやし、うどん、豆腐、おはぎ、汁粉、ラムネ、アイスクリームまで製造できる設備があったそうです。また厨房には料亭やレストランなどで働いていたコックを乗り込ませていました。将校の食事は、朝は旅館朝食風の日本食、昼は洋食フルコース、夜は和食膳という内容で、司令長官の昼食時には長官が食器を手にした瞬間から軍楽隊の演奏が始まり、40分の昼食時間中、艦内に音楽が流されることもありました。
大和型戰艦的居住環境都非常優秀,儲備的糧食種類也相當豐富,而艦內當然備有冷凍、冷藏庫設施,甚至還具有納豆、蒟蒻、豆芽菜、烏龍麵、豆腐、荻餅、紅豆沙湯、汽水、冰淇淋的生產設施。艦上廚房內工作的廚師都是從飯店請來的。
一天份給將校級提供的伙食,早餐有和風早餐,午餐是全套的西式套餐,晚餐則是日本料理,而當司令長官(山本五十六)享用午餐時,當司令官的手碰到餐具的那一瞬間,軍樂隊就會開始演奏,那40分鐘的午餐時間內,艦上都迴盪著音樂的聲音。


 各地で戦う陸軍や、トラック泊地からあちこちに忙しく出動するほかの艦船からも、泊地で動かず贅沢三昧の「大和」「武蔵」は「ヤマトホテル」「武蔵屋旅館」と陰口を言われていました。「大和」を訪れた陸軍軍人が「海軍さん、これ本当に動くんですか?」と質問したのは、嫌味だったのかもしれません。
在各地作戰的陸軍,將其他匆忙從特魯克泊地出勤調度的艦船,和待在泊地一動也不動,還奢侈到不行的「大和」還有「武藏」對比,便暗地裡嘲諷她們是「大和旅館」、「武藏屋旅館」。
而當初隨行到訪的陸軍軍人所問:「海軍啊,這個真的動得起來嗎?」,也許是帶著挖苦的惡意也不一定。


「ホテルじゃありません」大型戦闘艦として必要な設備ばかり

 他艦の乗組員から最もうらやましがられたのが冷房設備でした。士官用居住区に限られていましたが、当時は一部百貨店や病院などにしか設置されていない贅沢品です。しかし、これはそもそも人間用に設置したものではありませんでした。
「才不是旅館呢!」 其實這些都是大型戰艦的必要設施!
對於別的軍艦乘組員來說,當時(大和型)最令人稱羨的就是她們的空調設施。
儘管只安裝在艦上士官的居住區,但在當時仍然是只有百貨公司和醫院才有的奢侈品,但實際上當初也不是為了對人用才裝設的。


 日本海軍は何度も艦船の弾薬による爆発火災事故を起こしており、戦艦「陸奥」が爆沈してしまった事故もあります。大和型には大量の弾薬が収められるため、安全管理は最優先事項でした。また火薬の状態によって砲弾の射程や初速、弾道は変化し、命中精度に影響が出るため、弾薬庫の管理は厳重で、温度は摂氏7度から21度、湿度80パーセント以下に保つ必要がありました。そのようなわけで、弾薬庫用に東京芝浦電気製の冷房設備を積み込んだのです。居住区や食材の冷蔵庫を動かしていたのは、弾薬庫の冷房の余力によるものでした。
日本海軍爆發過多次因為艦船用彈藥引起的爆炸和火災事故,甚至還有戰艦「陸奧」爆沉的事故,因為大和型存放了大量的彈藥,所以彈藥安全管理為最優先事項。
而根據火藥的狀態不同,所以砲彈的射程、初速、以及彈道會產生變化,隨之影響命中精準度,所以彈藥庫都受到嚴格的管制──溫度必須保持在攝氏7~21度,濕度必須在80%以下。
因此彈藥庫裝配了東京芝浦製造的空調設施,而居住區和食物冷藏庫使用的則是彈藥庫空調的剩餘動力。


被認為是戰艦「三笠」的艦內辦公室照片,地板上不只有地毯,還供有特製木工家具。(照片來源:藤田精一 編「大日本軍艦写真帖」/国立国会図書館蔵)



また、冷房と共によくやり玉に挙げられるラムネ製造機は、大和型だけの贅沢設備というわけではなく、巡洋艦以上の大型艦には搭載されているものもありました。しかし、これもそもそもは人間用の設備ではなく、火災時に使用する二酸化炭素消火設備の、オマケの付属品でした。閉鎖空間の艦内で二酸化炭素を消火手段に使うことは、現在でも行われています。
再者,常常和空調一起被提到的汽水製造器其實也並不是大和型才有的什麼奢侈品,而是巡洋艦級以上的大型艦艇都有搭載的標準配備。
但這些同樣也不是對人用的設施,而是火災時使用的二氧化碳消防設備的額外附屬品。
在密閉空間的艦內利用二氧化碳當作滅火手段,現在這個方法還是有在使用。


 当時、日本陸海軍では、暑い時期には砂糖水が支給されていました。これに二酸化炭素を混ぜればラムネになります。大和型ともなれば二酸化炭素消火設備も大型で、最大1日5000本を製造できたといいます。
當時的日本陸、海軍在炎熱的時期都有糖水配給。
汽水就是利用這些糖水混合二氧化碳生產的,因為大和型有著相當大規模的二氧化碳消防設施,最多一天可以生產5000瓶。


 艦橋にはエレベーターも設置されていました。中甲板から13階、露天甲板からでも10階建てになっており、階段で昇降するのは大変でした。このエレベーターは三菱電機製で、定員3人から5人といわれていますが詳細は分かっていません。いまのようなボタンを押すだけの全自動運転ではなく、扉の開閉や、エレベーターと乗場の床面を合わせるのに加減速操作が必要な手動運転方式で、かなりの高速で乗り心地は悪かったといわれています。原則的に上級士官用でしたが、艦橋横の九三式13mm連装機銃の銃弾運搬員と第一艦橋付近に待機所あったパイロットについては、緊急時に必要に応じて使用が許可されていたようです。
至於艦橋則設有電梯。因為中段甲板有13層、露天甲板有10層,如果只使用樓梯來上下通行會很糟。
裝設的電梯為三菱電機公司製造的,但最大人員數是3人或5人已不可考。
而且並不是現今只要按下按鈕就能實行全自動運轉的電梯,不管是開關電梯門、或為了對準電梯和目的地的地板進行加減速都必須手動操作,因為速度太快,所以乘坐體驗據說也很爛。
原則上電梯也只有上級士官能用,但如果遇到緊急狀況,就允許艦橋附近九三式13MM連裝機槍用彈藥搬運工和第一艦橋附近等候處的飛行員使用。


連合艦隊旗艦に求められた「戦闘力」以外の「力」

 冒頭で述べたように、「大和」を訪れた陸軍参謀の辻中佐は「ヤマトホテル」の贅沢ぶりにその場では悪態をつきましたが、後に「下司(げす)の心をもって、元帥(山本長官)の真意を付度しえなかった、恥ずかしさ。穴があったら入りたい気持ちであった」と回想しています。
聯合艦隊旗艦所要求的「戦鬥力」以外的「力」
如同開頭陳述,那位造訪了「大和」,並譏諷其為「大和旅館」的陸軍參辻中佐,在之後回想此事則說道:「以我那樣小官的氣度,要推斷當時元帥(山本五十六)的心意是做不到的,對此事我羞恥到如果地上有個洞我就想鑽進去」。


「大和」「武蔵」は連合艦隊旗艦として建造されました。それは単なる戦闘艦以外の機能も要求されます。いまでも軍艦は国家主権のシンボルであり、外国に行けば外交官の役割も果たします。賓客を迎えれば最大限の供応を行うものであり、辻中佐に供された食事も、これから激戦地に派遣される大本営の陸軍参謀を最大限供応する「海軍のマナー」でした。陸海軍の文化の違いもありますが、辻中佐は後でこのことを知り、恥じているのです。
因為「大和」、「武藏」是做為聯合艦隊旗艦建造,所以不單被要求只有戰鬥以外的功能。
一直以來軍艦都作為國家主權的象徵,她們因此還能夠負任前往外國的外交官工作。
對於賓客接待也自然是用最大限度的招待,所以給辻中佐提供的餐點,也是為身在派遣到激戰戰場的本營陸軍參謀以最大限度招待的「海軍禮儀」。
因為陸海軍的文化不同,所以辻中佐在之後了解時對此才感到羞恥。


では「ヤマトホテル」と「武蔵屋旅館」、どちらが快適だったのでしょう。
「大和」は海軍の呉工廠が建造し、「武蔵」は長崎三菱造船所が建造しました。民間企業の長崎三菱は大型客船も多く手掛けた経験があったためか、艦内の内装や調度品の仕上がり、使い勝手は「武蔵」の方が良かったといわれています。呉工廠も、「大和」の内装仕上げには長崎三菱からの協力を得ています。司令室の広さなど武蔵の方が旗艦機能は充実していたようです。
那麼,「大和旅館」和「武藏屋旅館」,哪個住起來比較舒適呢?
「大和」為海軍的吳港工廠建造,「武藏」則是長崎的三菱造船廠。
因為民間企業的長崎三菱造船廠對於大型客船建造有較多的經驗,所以艦內裝潢和家具的完成度、可用性都是「武藏」更好。
而吳港的的「大和」內裝也得到長崎三菱造船廠協助完成,像是司令室大小等方面,作為旗艦其機能都比起「武藏」來的齊全。


 大和型戦艦は日本陸軍参謀すら驚嘆させた威容、艦内設備と居住環境を誇ります。動かずともその存在を誇示するだけで、日本の抑止力を担う「戦略兵器」になる可能性がありました。世が世なら「ヤマトホテル」「武蔵屋旅館」は、立派に機能を果たしてくれたかもしれません。
大和型戰艦的艦內設備、居住環境之優秀,威容使得日本陸軍參謀都為之驚嘆。
僅僅只是放在那邊動也不動,她們的存在顯露也可以是表現日本國家威懾力的「戰術武器」。
如果在當年真的作為「大和"旅館"」、「武藏屋"旅館"」,她們的確展現了卓越的性能也說不定。

艦長以下士官用的房間,屬於何艦不明,但可以看見家具已經配置好。(照片來源:藤田精一 編「大日本軍艦写真帖」/国立国会図書館蔵)


旗艦一般都是重要人物到訪。
此為1943/6/24,昭和天皇造訪在橫須賀基地的「武藏」時的紀念照片(來源:美國海軍)。

【完】




19
-
LV. 32
GP 567
2 樓 小豬 kevin3926659
0 -
好久沒看到你惹
0
-
LV. 21
GP 143
3 樓 我以前4ㄌㄌㄎ leeandy
0 -
真的漂亮
0
-
LV. 15
GP 70
4 樓 貓兒衝鋒 cata12345
1 -
有艦娘妓院嗎?
1
-
LV. 40
GP 842
5 樓 君羽空夢 windcars
0 -
用汽水當二氧化碳滅火????
當時二戰懂得用二氧化碳滅火的只有美國喔
0
-
LV. 17
GP 92
6 樓 射隱屍o゚▽゚)o knighttsou
0 -
但大和旅館最後被飛機輪姦 最後一砲也沒射出去 就墜落於海底的深遠了
0
-
LV. 3
GP 1k
7 樓 塔挖挖 wasd1995
0 -
二戰的日本陸軍就是沒見過世面
二戰日本海軍高階將領都是出過國留學的
也反對跟德國結盟、美國戰爭
0
-
LV. 31
GP 740
8 樓 ㄋㄏㄓㄤㄤㄤ S689689
0 -
這些也都軍官享用的,小兵還不是睡吊床ㄘ大鍋飯。
0
-
LV. 13
GP 71
9 樓 xxxKrissxxx nustrike
0 -
出擊一次耗那麼多油彈

還是乖乖當旅館

最近好像也沒在用武大
0
-
未登入的勇者,要加入 10 樓的討論嗎?
板務人員:

7642 筆精華,前天 更新
一個月內新增 30
歡迎加入共同維護。


face基於日前微軟官方表示 Internet Explorer 不再支援新的網路標準,可能無法使用新的應用程式來呈現網站內容,在瀏覽器支援度及網站安全性的雙重考量下,為了讓巴友們有更好的使用體驗,巴哈姆特即將於 2019年9月2日 停止支援 Internet Explorer 瀏覽器的頁面呈現和功能。
屆時建議您使用下述瀏覽器來瀏覽巴哈姆特:
。Google Chrome(推薦)
。Mozilla Firefox
。Microsoft Edge(Windows10以上的作業系統版本才可使用)

face我們了解您不想看到廣告的心情⋯ 若您願意支持巴哈姆特永續經營,請將 gamer.com.tw 加入廣告阻擋工具的白名單中,謝謝 !【教學】